Nゲージ ホビーセンターカトー Jägerndorfer Collection JC74010 (N)オーストリア4010形電車<トランザルピン> 6両セット Ep.III

¥88,000 ¥66,000 (税抜)

「トランザルピン」は、オーストリア国鉄が運行していた国際列車の愛称で、オーストリアの ウィーンから、スイスのバーゼル、チューリヒを結んでいました。 4010形電車は1965年に登場し、1970年代後半まで「トランザルピン」として運行されました。 実車が引退した今現在でも、オーストリアを代表する車両として、世界中で人気を博しています。 動力車は先頭に有し、食堂車、1等2等座席車、1等2等コンパートメントからなる6両編成。 動力車と反対側の先頭車は、運転台付きの制御客車となっており、いわゆるペンデルツーク の編成です。トランザルピンの運用から外れた後も、オーストリア国内の優等列車などに使用され、 塗装も登場時から大きく一新した赤を基調とした物となりました。

在庫切れ

説明

・オーストリアのイエガードルファーより、4010形電車がNゲージ初の製品化!
・トランザルピン運行時の塗装と、トランザルピンの運用から外れ、国内優等列車で活躍して いた赤塗装の2種が発売!塗装の他、前面ロゴも1974年~2004年に使用された”Pflatsch”と 呼ばれたロゴが配されていました。 ・Pflatsch(プフラッチ)とは、「水撥ね」のような意味を持ち、それまでに使用された翼をイメージ したロゴから、「O」を大きくしたロゴへと変更された際、見た目がPflatschのようだとそのあだ名が 付けられ、ファンの間で長く親しまれる名前となりました。 ・1/160アナログ仕様。ヘッドライト・テールライト点灯。パッケージは車両がデザインされた ブック型ケースを採用。

追加情報

重さ 1.2 kg