Nゲージ KATO 10-1764 クモハ52(1次車) 飯田線 4両セット 新製品 2022年12月予定

¥13,321

●KATOの飯田線シリーズに、昭和53年(1978)以前の飯田線において最も人気を博した車両のひとつ、クモハ52形(1次車)が満を持しての登場です。
昭和11年(1936)に関西急電用として製造されたクモハ52形は、数々の遍歴を経て昭和32年(1957)に飯田線へ配置されました。当時、多くの旧形国電で賑わう飯田線の中でもクモハ52形の人気は突出しており、「流電」の姿を求めて全国各地から鉄道ファンが数多く訪れました。

◆今回は流電編成第一弾として、狭幅の側窓が並び、雨ドイ位置の揃った外観が特徴の1次車を製品化いたします。クモハ52001と002の違い(前面窓サイズ、テールライト位置、パンタグラフほか)やサハ48021と024の違い(リベットや、サボ受の有無ほか)など、車両ごとに異なる外観をそれぞれ的確に表現いたします。
これまでの飯田線旧形国電シリーズ各製品や単線デッキガーダー曲線鉄橋、ローカル線の小形駅舎などと組み合わせて、飯田線の世界をお楽しみください。

お取り寄せができます

この商品購入で 121 ポイントもらえる!
商品コード: 4949727685212 カテゴリー: , , , ,

説明

■製品特長
① 飯田線旧形国電シリーズ待望の両先頭車が流電クモハ52の編成を製品化
② 第1弾はクモハ52形001・002(1次形)とサハ48021・024で組成された編成
③ 各車とも狭幅の側窓とグローブベンチレーターを持ち、雨ドイ位置もほぼ揃う整った姿の編成を的確に再現
④ クモハ52001のテールライト位置の他、各車の特徴に応じて的確に再現
⑤ スカ色と呼ばれるクリームとブルー塗装の塗り分けも鮮明に再現
⑥ 連結器は、先頭・中間ともボディマウント式KATOカプラー伸縮密連形(旧国タイプ)を標準装備
⑦ フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行が可能
⑧ ヘッドライト/テールライト点灯

追加情報

重さ 0.8 kg